校長ごあいさつ募集要項・ご案内教育方針・沿革入園をご希望の方未就園児保育保護者の声アクセス・バス施設紹介安全対策幼稚園の一日年間行事課内・課外活動ともだちマリア

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは
子ども自身が教具を選んで使うから…
自主性・自立心が身につきます

自分で選び最後までやり遂げることで…
喜びと自信を持つことができます

毎日積重ねることで…
明るく前向きな姿勢を育みます

イタリアのマリア・モンテッソーリ(1870-1952)が
あみ出した教育で、世界中に広まっています。
様々な教具が用意され、子ども自身が教具を
選んで活動しますので自立心が身につき、
自分で学ぶということが自然と身につきます。
教具は、手先が器用になり、感覚が洗練され、
自然と数や文字に興味が湧くように
考えられています。
年少、年中、年長の混合クラスの中で
自由活動をすることにより、年少児は年長児に
憧れ、年長児は年少児をいたわるといった
社会性や協調性も自ら学びます。
日常生活のおしごと 感覚のおしごと 言語・数のおしごと
モンテッソーリ教育による自主教育の流れ
自主教育の流れ1 自主教育の流れ2
色、数字、形、文字などのカテゴリー別にさまざまな教材を準備。誰からの強制もなく、お子さん自身が今やりたいことを自主的に選択します。   最初に使い方を伝え、あとは大人が余計な口出しを一切しません。自分で選んだ教材だから、興味を持って取り組めます。
   
自主教育の流れ4 自主教育の流れ3
モンテッソーリ教育の時間を毎日設けているのは、その喜びや自信が日々お子さんの心を満たし、常に明るく前向きな姿勢を育むから。毎日積み重ねれば、さらにその効果は絶大です。   自分で選び、工夫し懸命に取り組んで、最後までやり遂げる。この成功体験の積み重ねが、大きな喜びと自信を生み、強い心を育みます。

モンテッソーリ教育教具紹介『赤い棒』
『赤い棒』
「赤い棒」は長さの違う10本の赤い棒で構成されています。10cmの長さから始まり、20cm、30cm…と各々10cmずつ長くなり、最長100cmまで次第に長くなっていきます。

 棚にしまってある赤い棒を一番短い棒から順に、端と端をはさむ様にして1本ずつじゅうたんに運び、すべての棒をバラバラに置きます。長さを見比べ、一番長い棒をその中から見つけ、じゅうたんの端に揃えておきます。そして、すべての棒を長い順に並べます。
「長い」・「短い」の判断は、感覚器官の中の「視覚」を使って行われます。「赤い棒」は余計な装飾が除かれ、同じ色、同じ太さで出来ています。
  『赤い棒』
刺激の孤立化が図られることにより、「長さ」という教具の目的に集中する事が出来るのです。

 モンテッソーリの感覚教具を通して子ども達は今までバラバラに入っていた「重さ」や「大きさ」「長さ」「太さ」等の体験を秩序づけ、整理していきます。 「赤い棒」の中では「長い」「短い」という言葉と感覚を結びつけていく“感覚の言語化”が行われます。
  『赤い棒』

モンテッソーリのお仕事紹介
このモンテッソーリお仕事紹介は、モンテッソーリのお仕事や教具についてだけではなく、ご家庭で簡単に出来るお仕事などを紹介しています。どうぞお子様との関わりの参考にされてください。

お仕事をはじめる前に
お子様とお仕事をする時の環境(子どもが集中しやすいような静かな環境にする、子どもの使いやすい大きさの道具を用意する、など)をご配慮ください。
必ずお子様の行動・作品を認めて誉めてあげましょう。
先にお母様が行って見せてあげてください(提示)。提示するとき(お子様にお手本を見せる時)は、お子様がわかりやすように説明と動作をゆっくりと行うようにしましょう。またお子様に提示がよく見えるように、お子様の右側にお座りください。
無理のないよう、お子様の出来るお仕事からスタートしましょう。
はさみのお仕事
はさみを上手く使えることで、お仕事の幅が広がります。また手先を細かく動かすことは、脳の刺激にもなります「ウチの子ははさみ使えてるから・・・」の一言では終わらせないではさみが正しく持てているか、円がきれいに切れているかなど関わってみられてはいかがですか?

【用意するもの】
はさみ お子様の手にあった物をご用意ください。
初めは幅1.5cm程を1回で切れる太さにしましょう。無地で自由に切ることからスタートし、横線、斜線、上手になったら3cm程を2回で切る太さにしたり、円を切ったりと発展させていきましょう。
    紙

STEP1 約束をする。
「切るときには刃をさわらない」「はさみを持って移動する時には、人に向けない」など
STEP2 はさみの持ち方を見せる。
ポイント
はさみを寝かせて、先に1つの穴に人差し指と中指、次にもう1つの穴に右手の親指を入れることを丁寧に伝えましょう。
はさみの持ち方を見せる。
STEP3 はさみをたてて、指を開いたり閉じたりして空中で切る真似をする。
ポイント
どの指をどう動かしたらよいか、見せるつもりでゆっくり動かしましょう。
STEP4 左手で紙を持ち、右手ではさみを持って右側から切っていく。
ポイント
左手の紙の持ち方、持つところを教えましょう。
左手の紙の持ち方、持つところを教えましょう。
あけうつし(お箸を正しく持つ)
「こどもがお箸を上手く使えるようになって欲しい」と思われている方も多いのではないでしょうか。食事中に練習してもお腹がすいていては、なかなか上達しにくいものです。遊びの中でお箸を使うことをとりいれて、正しく使いこなせるように関わってみませんか。

【用意するもの】
お箸・湯飲み茶碗程度の大きさの器(2個)・スポンジ(1.5cm角に切った物を10個程度)
ポイント
上手に出来るようになってきたら、マカロニ、豆など難易度をあげていきましょう。
片方の器にスポンジをすべて入れる。
片方の器にスポンジをすべて入れる。