学校行事
資料請求
コース紹介
制服紹介
学校見学会
交通アクセス
福岡海星女子学院高等学校
〒811-1346
福岡市南区老司5-29-3
TEL 092-565-4950
FAX 092-565-4925
学校長挨拶
GREETING
トップページ学校案内>学校長挨拶

 本校は「マリアの宣教者フランシスコ修道会」によって1964年(昭和39年)に設立され、本年で54年目を迎えたカトリックの女子高です。
 「マリアの宣教者フランシスコ修道会」は貧しい人々、病める人々に仕え「神の愛」を全世界に伝えるため、1877年(明治10年)フランスでマリー・ド・ラ・パシオンによって創立されました。彼女の蒔いた一粒の種は世界80カ国に広がりました。1898年(明治31年)熊本に5人のシスターを派遣、ハンセン病に苦しんでいる人々の医療活動を開始、以後福祉・教育活動を通じて、「神の愛」を伝え続けています。
 本校では「いのちへの奉仕に全生涯をささげた」創立者のように、誠実で謙虚な姿勢、感謝する心、奉仕の喜びを知って実践できる女性、「真理と愛に生きる」女性の育成に力を注いでいます。
選挙権年齢が18歳に引き下げられ、2020年には大学入試もこれまでとは違う新しいスタイルでの入試が実施予定です。高校生に求められる能力や資質も見直されて来るでしょう。経済のグローバル化の中で生じる貧困・格差・紛争・難民・環境などの課題ももはや一国だけでは解決しないグーロバル化した課題です。現実社会は学校のテストのように唯一の正解はないのです。そこに求められるのは「対話」、「協働と合意形成」の力です。知識は蓄えるだけでなく、活用し社会に役立てることが期待されます。まさに、本校の創立者が医療・福祉教育活動を通して実践し求め続けてきたものといえます。
  福岡海星女子学院高等学校校 長 佐藤 一則 本校では「対話」「協働と合意形成」の力を育成するため、アクティブ・ラーニングを推進します。そのための環境整備として「アシジハウス」(アクティブ・ラーニングホール)がオープンしました。中学生の皆さんもオープンスクールなどで、このホールを活用し、「対話」と「協働」を楽しんでみてください。