お知らせInformation

死者の月・霊魂の月  校長 山田 耕司

死者の月

〇 11月はカトリック教会では「死者の月」です。本校では
5日に慰霊ミサを献げます。本校の恩人のシスター方、新型コロナ感染症や震災で帰天された方、海星ファミリーの親族の方々のために祈ります。欧米では「霊魂の月」と言います。

〇 カトリック教会で行われる葬儀ミサの前日、通夜の式で は「親しい人との別れは、だれにとっても悲しいことです」という司祭の招きの言葉で始まります。特に身近な人のを前にして、という現実を目の当たりにするのはいつの世も同じです。しかしキリスト者は、が人生の終わりに思えたとしても、新たな人生の始まりであり、目的である天国への旅立ちであると受けとめます。人のを素直に見つめ、悲しみの中にも安らぎを覚えるのです。イエス・キリストは「わたしは復活であり、いのちである。わたしを信じる者はたとえんでも生きる」と教えられました。別離の悲しみのうちにもキリスト者は、このイエス・キ リストのことばに慰めと希望を見いだします。

〇 このようにキリスト教においては、死というものが神の みもとに帰り、永遠のいのちにあずかるということですから、亡くなった人の魂が永遠に安らかに憩うように祈りをささげることをかねてから教えてきました。また私たちは生者同士の関係だけでなく、生者と死者との連帯関係にあります。キリスト教の初代教会時代から、死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげてきました。

柳田國男の世界

〇 私は四王寺山の中腹(太宰府水城)に住んでおります。週 末にはその散策路でウォーキングを楽しんでおります。今は虫の声が消え紅葉の下を注ぐ谷川のせせらぎを耳にするようになりました。秋深しです。自然の変化を目にしながら歩んでおりますと、思考が豊かになります。
帰天した私の両親もこの四王寺山麓の隣町に住んでいました。木洩れ日の中歩きながら時折、柳田國男の「先祖の話」を思い出します。

○  死者は生者を守護します。それが先祖という存在の根底にあります。ここで死者は単に亡くなった人を指すのではありません。姿は見えず、その声も聞こえることはないのですが、確かに存在すると感じられるいわば「生きている死者」です。死者は50年経つと個を超えて「ご先祖様」となります。ご先祖様はその集落を囲む山にあります。年に3回ご先祖様が帰ってきます。春と秋の彼岸、お盆に死者との交流があります。私たちはご先祖様に守られています。

養老孟司の生

〇 「自分の生は、父や患者の死に大きく左右されていた」。
その経験は養老先生のものの見方に大きな影響を与えています。「死体と私は何が違うのか」。ずっと考えました。「人から死体を引いたら何が残るのだろう」と。死んだ瞬間には物質としては全てが残っています。重さだって変わらない。違いは意識があるかないか。人間の中心は意識です。「それで意識を意識するようになった」。死体を解剖し、脳を取り出しながら、実は生きた人間を考え続けました。

〇 今や世界の人口の8割が都市に暮らしています。これは 異常な状況です。都市では人にとって有用なものか、そうでないものかが選別されます。本来、世界は人間にとって意味のないものを大量に含んでいるのに、人間はそれを排除していきます。だからゴキブリも蚊も嫌われます。最終的に意味のないものの存在が許せなくなります。これが怖いんです。
 それは宗教戦争や社会分断にも通じます。宗教の大事な役割のひとつは、「おまえさんには分からないものがあるんだよ」という謙虚さを与えてくれることです。それが逆に「唯一正しいものに反するものは殺していい」と傲慢になることがあります。
 脳で整理された社会は、たやすく一元論に向かいます。その怖さを若い頃東大紛争で肌で感じました。本来、人間は自然の中で生き、体の感覚で多様性を取り込んできました。

〇 80歳を過ぎた今、気になるのは子どもたちの行く末です。

「田舎で暮らそう、自然に帰ろう」と言い続けています。「河原の石や枯れた木や虫たち。田舎には意味のないものがいっぱいあります。自然が感覚を鍛えてくれます。それがいいんです」。数えきれない死から生を見てきた解剖学者がたどり着いた場所です。

一覧