校長挨拶
12歳のわたしとぼく
沿革
学校方針
行事(年間)
1日のくらし
卒業生より
環境
学校探検
安全対策
進路
進路

12歳のわたし ぼく「かかわる」


まわりの人々に支えられていることを自覚し人にかかわる能力が伸びています



「海星100冊」
先生と保護者が子どもたちに読んでもらいたい本を選んだ「海星100冊」。読書の幅を広げる大きな役割を持っています。司書教諭が直接一人ひとりに読書援助をします。
「海星100冊」
こども教育進学コースの高校生によるおはなし会。
高校生の一生懸命な姿から、どんな聴き方をすればよいか、子どもたちが自ら考えるよいきっかけづくりになっています。
こども教育進学コースの高校生によるおはなし会。
保護者ボランティアによる
読み聞かせ「おはなしや」
 
保護者ボランティアによる読み聞かせ「おはなしや」
各学年、年3回の「おはなしや」では、絵本の読み聞かせ以外にも、素話やパネルシアターなど趣向を凝らし、低学年から高学年まで毎回楽しい「おはなしや」を開催。子どもたちは、身近なお母さまがしてくださる「おはなしや」を毎回とても楽しみにしています。
6年生がお隣のマリア幼稚園へ
「読み聞かせ」に。
自分たちが読んでもらった経験を振り返りながら本を選びます。「読み聞かせ」を通して、聞いてもらえる喜び、小さな子どもたちが楽しんでくれる充実感を味わいます。
6年生がお隣のマリア幼稚園へ「読み聞かせ」に。
12歳のわたし ぼくのページへもどる